愛の旅―お帰りなさい―父なる神の家に帰る7日間

Day 1 of 7 • This day’s reading

Devotional

第1日目―豚小屋から宴会へ




聖書の中に「放蕩息子(ほうとうむすこ)」という物語があります。お酒と女におぼれ、お金を使い果たした息子が、豚小屋の中で途方にくれながら、本来の自分のいるべき場所、自分のあるべき姿に気づき、お父さんの待つ家へ帰ってくる話です。息子の帰りを待ちわびていたお父さんは、帰って来た子のために子牛をほふって大宴会を開きます。


(まだ読んでおられないなら、どうぞ、今 ルカ 15:11–32 をゆっくり読んでください。)


皆さんも、今日の聖書箇所を読み、ご自分が今いる場所はどこなのか?この先、どうしたいのか?神様は、皆さんをどのように導いておられるか、ご自分でその声に耳を傾けてみませんか?


イエスは言われました。


「わたしを遣わした父が引き寄せられないかぎり、だれもわたしのところに来ることはできません。」(ヨハネ 6:44 JA1955)

あなたは、父なる神様のみもとに引き寄せられているように感じますか?


この数日間、聖書の言葉を読みながら、父なる神様の家に帰ることについてゆっくり考えていきましょう。


質問  



  • この物語の中で、あなたは誰ですか?お兄さん(お姉さん)ですか?弟(妹)ですか?    

  • また、あなたは今どこにいますか?家を出る直前、畑でお父さんのために一所懸命働いている、街で遊んでいる、豚小屋、または、帰っている途中ですか?宴会の中で、楽しんでいますか?    

  • あなたにとって、「我に返る」とはどういう意味ですか?    

  • 父なる神様の家には、もう戻りましたか?まだですか?


応答


少し時間をとって、心を静め、この質問を考えながら、父なる神様があなたに何を語っておられるかに耳を傾けましょう。


もし今すぐ、父なる神様のもとに戻りたいと願うなら、このように祈りましょう。


祈り


「父なる神様、あなたの家に戻りたいです。どうぞ、この旅を助け導いてください。


もう、自分の力、自分の考えや方法によって生きることに限界を感じています。


あなたの助けが必要です。


私の住むべき場所、あなたの家に帰りたいです。


イエスにあって、受け入れ、聖め、赦してくださることありがとうございます。


新しい服、新しい靴と指輪を、ありがとうございます。


今から一歩一歩を導いてください。


主イエスの御名によって、心から祈ります。


アーメン」