箴言 序 31
新共同訳
31
レムエルの言葉
1マサの王レムエルが母から受けた諭しの言葉。
2ああ、わが子よ
ああ、わが腹の子よ
ああ、わが誓いの子よ。
3あなたの力を女たちに費やすな。
王さえも抹殺する女たちに
あなたの歩みを向けるな。
4レムエルよ
王たるものにふさわしくない。
酒を飲むことは、王たるものにふさわしくない。
強い酒を求めることは
君たるものにふさわしくない。
5飲めば義務を忘れ
貧しい者の訴えを曲げるであろう。
6強い酒は没落した者に
酒は苦い思いを抱く者に与えよ。
7飲めば貧乏を忘れ
労苦を思い出すこともない。
8あなたの口を開いて弁護せよ
ものを言えない人を
犠牲になっている人の訴えを。
9あなたの口を開いて正しく裁け
貧しく乏しい人の訴えを。
有能な妻 (アルファベットによる詩)
10有能な妻を見いだすのは誰か。
真珠よりはるかに貴い妻を。
11夫は心から彼女を信頼している。
儲けに不足することはない。
12彼女は生涯の日々
夫に幸いはもたらすが、災いはもたらさない。
13羊毛と亜麻を求め
手ずから望みどおりのものに仕立てる。
14商人の船のように
遠くからパンを運んで来る。
15夜の明ける前に起き出して
一族には食べ物を供し
召し使いの女たちには指図を与える。
16熟慮して畑を買い
手ずから実らせた儲けでぶどう畑をひらく。
17力強く腰に帯し、腕を強くする。
18商売が好調かどうか味わい
灯は夜も消えることがない。
19手を糸車に伸べ、手のひらに錘をあやつる。
20貧しい人には手を開き、乏しい人に手を伸べる。
21雪が降っても一族に憂いはない。
一族は皆、衣を重ねているから。
22敷物を自分のために織り、麻と紫の衣を着ている。
23夫は名を知られた人で
その地の長老らと城門で座に着いている。
24彼女は亜麻布を織って売り、帯を商人に渡す。
25力と気品をまとい、未来にほほえみかける。
26口を開いて知恵の言葉を語り
慈しみの教えをその舌にのせる。
27一族の様子によく目を配り
怠惰のパンを食べることはない。
28息子らは立って彼女を幸いな人と呼び
夫は彼女をたたえて言う。
29「有能な女は多いが
あなたはなお、そのすべてにまさる」と。
30あでやかさは欺き、美しさは空しい。
主を畏れる女こそ、たたえられる。
31彼女にその手の実りを報いよ。
その業を町の城門でたたえよ。

© Executive Committee of the Common Bible Translation 共同訳聖書実行委員会 1987,1988

© Japan Bible Society 日本聖書協会 1987, 1988

Learn More About Seisho Shinkyoudoyaku 聖書 新共同訳