箴言 30
新共同訳

箴言 30

30
アグルの言葉
1ヤケの子アグルの言葉。 託宣。
この人は言う、神よ、わたしは疲れた。
神よ、わたしは疲れ果てた。
2まことに、わたしはだれよりも粗野で
人間としての分別もない。
3知恵を教えられたこともなく
聖なる方を知ることもできない。
4天に昇り、また降った者は誰か。
その手の内に風を集め
その衣に水を包むものは誰か。
地の果てを定めたものは誰か。
その名は何というのか。
その子の名は何というのか。
あなたは知っているのか。
5神の言われることはすべて清い。
身を寄せればそれは盾となる。
6御言葉に付け加えようとするな。
責められて
偽る者と断罪されることのないように。
7二つのことをあなたに願います。
わたしが死ぬまで、それを拒まないでください。
8むなしいもの、偽りの言葉を
わたしから遠ざけてください。
貧しくもせず、金持ちにもせず
わたしのために定められたパンで
わたしを養ってください。
9飽き足りれば、裏切り
主など何者か、と言うおそれがあります。
貧しければ、盗みを働き
わたしの神の御名を汚しかねません。
10僕のことを主人に中傷してはならない。
彼はあなたを呪い、あなたは罪に定められる。
11父を呪い、母を祝福しない世代
12自分を清いものと見なし
自分の汚物を洗い落とさぬ世代
13目つきは高慢で、まなざしの驕った世代
14歯は剣、牙は刃物の世代
それは貧しい人を食らい尽くして土地を奪い
乏しい人を食らい尽くして命を奪う。
15蛭の娘はふたり。
その名は「与えよ」と「与えよ。」
飽くことを知らぬものは三つ。
十分だと言わぬものは四つ。
16陰府、不妊の胎、水に飽いたことのない土地
決して十分だと言わない火。
17父を嘲笑い、母への従順を侮る者の目は
谷の烏がえぐり出し、鷲の雛がついばむ。
18わたしにとって、驚くべきことが三つ
知りえぬことが四つ。
19天にある鷲の道
岩の上の蛇の道
大海の中の船の道
男がおとめに向かう道。
20そうだ、姦通の女の道も。
食べて口をぬぐい
何も悪いことはしていないと言う。
21三つのことに大地は震え
四つのことに耐ええない。
22奴隷が王となること
神を知らぬ者がパンに飽き足りること
23憎むべき女が夫を持つこと
はしためが女主人を継ぐこと。
24この地上に小さなものが四つある。
それは知恵者中の知恵者だ。
25蟻の一族は力はないが
夏の間にパンを備える。
26岩狸の一族は強大ではないが
その住みかを岩壁に構えている。
27いなごには王はないが
隊を組んで一斉に出動する。
28やもりは手で捕まえられるが
王の宮殿に住んでいる。
29足取りの堂々としているものが三つ
堂々と歩くものが四つある。
30獣の中の雄、決して退かない獅子
31腰に帯した男、そして雄山羊
だれにも手向かいさせない王。
32増長して恥知らずになり
悪だくみをしているなら、手で口を覆え。
33乳脂を絞るとバターが出てくる。
鼻を絞ると血が出てくる。
怒りを絞ると争いが出てくる。

© Executive Committee of the Common Bible Translation 共同訳聖書実行委員会 1987,1988

© Japan Bible Society 日本聖書協会 1987, 1988


Learn More About Seisho Shinkyoudoyaku 聖書 新共同訳

Encouraging and challenging you to seek intimacy with God every day.


YouVersion uses cookies to personalize your experience. By using our website, you accept our use of cookies as described in our Privacy Policy.