箴言 序 19
新共同訳
19
1貧乏でも、完全な道を歩む人は
唇の曲がった愚か者よりも幸いだ。
2知識がなければ欲しても不毛だ。
あまり足を急がせると過ちを犯す。
3人は無知によって自分の道を滅ぼす。
しかも主に対して心に憤りをもつ。
4財産は友の数を増す。
弱者は友から引き離される。
5うそをつく証人は罰を免れることはない。
欺きの発言をすれば逃げおおせることはない。
6高貴な人の好意を求める者は多い。
贈り物をする人にはだれでも友になる。
7実の兄弟も皆、貧しい人を憎む。
友達ならなお、彼を遠ざかる。
彼らは言っていることを実行しようとはしない。
8心を得た人は自分の魂を愛する。
英知を守る人は幸いを見いだす。
9うそをつく証人は罰を免れることはない。
欺きの発言をする者は滅びる。
10愚か者に快楽はふさわしくない。
奴隷が君主を支配するのは、なおふさわしくない。
11成功する人は忍耐する人。
背きを赦すことは人に輝きをそえる。
12王の憤りは若獅子のうなり声。
王の好意は青草におく露。
13愚かな息子は父の破滅。
いさかい好きな妻は滴り続けるしずく。
14家と財産は先祖からの嗣業。
賢い妻は主からいただくもの。
15怠惰は人を深い眠りに落とす。
怠けていれば飢える。
16戒めを守る人は魂を守る。
自分の道を侮る者は死ぬ。
17弱者を憐れむ人は主に貸す人。
その行いは必ず報いられる。
18望みのあるうちに息子を諭せ。
死なせることを目指してはならない。
19激しく憤る者は罰を受ける。
救おうとしても、あおるだけだ。
20勧めに聞き従い、諭しを受け入れよ。
将来、知恵を得ることのできるように。
21人の心には多くの計らいがある。
主の御旨のみが実現する。
22欲望は人に恥をもたらす。
貧しい人は欺く者より幸い。
23主を畏れれば命を得る。
満ち足りて眠りにつき
災難に襲われることはない。
24怠け者は鉢に手を突っ込むが
口にその手を返すことすらしない。
25不遜な者を打てば、浅はかな者は熟慮を得る。
聡明な人を懲らしめれば、知恵を見分ける。
26父に暴力を振るい、母を追い出す者は
辱めと嘲りをもたらす子。
27わが子よ、諭しに聞き従うことをやめるなら
知識の言葉からたちまち迷い出るであろう。
28ならず者の証人は裁きを侮辱し
神に逆らう者の口は悪を呑み込む。
29不遜な者に対しては罰が準備され
愚か者の背には鞭打ちが待っている。

© Executive Committee of the Common Bible Translation 共同訳聖書実行委員会 1987,1988

© Japan Bible Society 日本聖書協会 1987, 1988

Learn More About Seisho Shinkyoudoyaku 聖書 新共同訳