エレミヤ書 2
新共同訳

エレミヤ書 2

2
イスラエルの罪
1主の言葉がわたしに臨んだ。
2行って、エルサレムの人々に呼びかけ
耳を傾けさせよ。
主はこう言われる。
わたしは、あなたの若いときの真心
花嫁のときの愛
種蒔かれぬ地、荒れ野での従順を思い起こす。
3イスラエルは主にささげられたもの
収穫の初穂であった。
それを食べる者はみな罰せられ
災いを被った、と主は言われる。
4ヤコブの家よ
イスラエルの家のすべての部族よ
主の言葉を聞け。
5主はこう言われる。
お前たちの先祖は
わたしにどんなおちどがあったので
遠く離れて行ったのか。
彼らは空しいものの後を追い
空しいものとなってしまった。
6彼らは尋ねもしなかった。
「主はどこにおられるのか
わたしたちをエジプトの地から上らせ
あの荒野、荒涼とした、穴だらけの地
乾ききった、暗黒の地
だれひとりそこを通らず
人の住まない地に導かれた方は」と。
7わたしは、お前たちを実り豊かな地に導き
味の良い果物を食べさせた。
ところが、お前たちはわたしの土地に入ると
そこを汚し
わたしが与えた土地を忌まわしいものに変えた。
8祭司たちも尋ねなかった。
「主はどこにおられるのか」と。
律法を教える人たちはわたしを理解せず
指導者たちはわたしに背き
預言者たちはバアルによって預言し
助けにならぬものの後を追った。
9それゆえ、わたしはお前たちを
あらためて告発し
また、お前たちの子孫と争うと
主は言われる。
10キティムの島々に渡って、尋ね
ケダルに人を送って、よく調べさせ
果たして、こんなことがあったかどうか確かめよ。
11一体、どこの国が
神々を取り替えたことがあろうか
しかも、神でないものと。
ところが、わが民はおのが栄光を
助けにならぬものと取り替えた。
12天よ、驚け、このことを
大いに、震えおののけ、と主は言われる。
13まことに、わが民は二つの悪を行った。
生ける水の源であるわたしを捨てて
無用の水溜めを掘った。
水をためることのできない
こわれた水溜めを。
14イスラエルは奴隷なのか
家に生まれた僕であろうか。
それなのに、どうして捕らわれの身になったのか。
15若獅子が彼に向かってほえ
うなり声をあげた。
彼の地は荒れ地とされ
町々は焼き払われて
住む人もなくなった。
16メンフィスとタフパンヘスの人々も
あなたの頭をそり上げる。
17あなたの神なる主が、旅路を導かれたとき
あなたが主を捨てたので
このことがあなたの身に及んだのではないか。
18それなのに、今あなたはエジプトへ行って
ナイルの水を飲もうとする。
それは、一体どうしてか。
また、アッシリアへ行って
ユーフラテスの水を飲もうとする。
それは、一体どうしてか。
19あなたの犯した悪が、あなたを懲らしめ
あなたの背信が、あなたを責めている。
あなたが、わたしを畏れず
あなたの神である主を捨てたことが
いかに悪く、苦いことであるかを
味わい知るがよいと
万軍の主なる神は言われる。
20あなたは久しい昔に軛を折り
手綱を振り切って
「わたしは仕えることはしない」と言った。
あなたは高い丘の上
緑の木の下と見ればどこにでも
身を横たえて遊女となる。
21わたしはあなたを、甘いぶどうを実らせる
確かな種として植えたのに
どうして、わたしに背いて
悪い野ぶどうに変わり果てたのか。
22たとえ灰汁で体を洗い
多くの石灰を使っても
わたしの目には
罪があなたに染みついていると
主なる神は言われる。
23どうして、お前は言い張るのか
わたしは汚れていない
バアルの後を追ったことはない、と。
見よ、谷でのお前のふるまいを
思ってみよ、何をしたのか。
お前は、素早い雌のらくだのように
道をさまよい歩く。
24また、荒れ野に慣れた雌ろばのように
息遣いも荒く、欲情にあえいでいる。
誰がその情欲を制しえよう。
彼女に会いたければ、だれも苦労はしない。
その月になれば、見つけ出せる。
25素足になることを避け
喉が渇かぬようにせよ、と言われても
お前は答えて言う。
「いいえ、止めても無駄です。
わたしは異国の男を慕い
その後を追います」と。
26盗人が捕らえられて辱めを受けるように
イスラエルの家も辱めを受ける
その王、高官、祭司、預言者らも共に。
27彼らは木に向かって、「わたしの父」と言い
石に向かって、「わたしを産んだ母」と言う。
わたしに顔を向けず、かえって背を向け
しかも、災難に遭えば
「立ち上がって
わたしたちをお救いください」と言う。
28お前が造った神々はどこにいるのか。
彼らが立ち上がればよいのだ
災難に遭ったお前を救いうるのならば。
ユダよ、お前の神々は
町の数ほどあるではないか。
29なぜ、わたしと争い
わたしに背き続けるのか、と主は言われる。
30わたしはお前たちの子らを打ったが
無駄であった。
彼らは懲らしめを受け入れなかった。
獅子が滅ぼし尽くすように
お前たちは預言者を剣の餌食とした。
31この世代の者よ、見よ、これは主の言葉だ。
わたしはイスラエルにとって荒れ野なのか。
深い闇の地なのか。
どうして、わたしの民は言うのか。
「迷い出てしまったからには
あなたのもとには帰りません」と。
32おとめがその身を飾るものを
花嫁が晴れ着の帯を忘れるだろうか。
しかし、わたしの民はわたしを忘れ
数えきれない月日が過ぎた。
33なんと巧みにお前は情事を求めることか。
悪い女たちにさえ、その道を教えるほどだ。
34お前の着物の裾には
罪のない貧しい者を殺した血が染みついている。
それは、盗みに押し入ったときに
付いたものではない。
それにもかかわらず
35「わたしには罪がない」とか
「主の怒りはわたしから去った」とお前は言う。
だが、見よ。
「わたしは罪を犯していない」と言うなら
お前は裁きの座に引き出される。
36なんと軽率にお前は道を変えるのか。
アッシリアによって辱められたように
エジプトにも辱められるであろう。
37そこからも、お前は両手を頭に置いて出て来る。
主はお前が頼りにしているものを退けられる。
彼らに頼ろうとしても成功するはずがない。

© Executive Committee of the Common Bible Translation 共同訳聖書実行委員会 1987,1988

© Japan Bible Society 日本聖書協会 1987, 1988


Learn More About Seisho Shinkyoudoyaku 聖書 新共同訳