トレジャーハント 3

5 日中の1 日目 • 今日の読書

デボーション




世界にスマイルを!


はじめに


だれかを喜ばせるのって、カンタン?それって、相手がだれかによるよね…。


たとえば、アリクイを喜ばせるのはむずかしいかもしれない。アリクイは、1日に30,000匹ものアリを食べるんだよ!そんなにたくさんのアリを、どうやってつかまえるんだよ!これがシロナガスクジラだったらもっと大変だ。シロナガスクジラはキョウリュウよりも大きくて、その舌はゾウの体と同じぐらいの重さなんだって!1日に40,000,000匹の小エビを食べるんだ!アリクイやクジラをニッコリさせるなんてことは、ぜったいムリだ。(いや待てよ、そもそもこの動物たちは笑ったりできるんだっけ?)それに比べたら、人間を喜ばせることは、超カンタンだ!


どうやって?イエスさまがとってもいい方法を教えてくれるよ。


よむ


人からしてほしいと思うことを、そのとおり、人にもしてあげなさい。(マタイの福音書 7:12a リビングバイブル)

みる


この聖句には、どうしたらいいって書いてある?


そう、きみが相手にしてもらいたいと思うようなことを、してあげればいいんだ。


でも、ちょっと待って。ニッコリさせるかわりに、イヤな目にあわせてやりたいって思ったことはない?神さまの言うことを聞いて、人を励ましたいのに、そんな気持ちになれない時だってある。逆に落ちこませたくなる時や、自分のことだけやっていたい時もある。


じゃあ、他の人を励ます気分になれない時は、どうしたらいいだろう?


やる


まず、自分の気持ちに正直になって、その気持ちを神さまに伝えるんだ。相手がむかつくようなことをしてやりたいって気持ちがあることを認める。でも、その後は、神さまに従おうと心に決めよう。イジワルなことをするんじゃなくて、親切なことをやってみよう。たとえ、そんな気分になれなくても、やってみるんだ。相手はきっとおどろくよ!


じゃあ、その次は、その人のことを神さまの目を通して見ることができるように、神さまにお願いしよう。そう、祈ろう――「神さま、神さまの目を通して、あの人を見たいです。どうか、あなたの目をかしてください。」


祈った後、きみが心からそう思うなら、その人を見る目がゼンゼン変わってくるよ。どうしてその人がイライラさせるようなことをするのか、その理由も見えてくるかもしれない!相手への気持ちが変わってくると、その人にハッピーな気持ちになってもらいたいという思いも自然と出てくるよ。


これの素晴らしいところはね、相手がハッピーになるだけじゃなくて、きみ自身もハッピーな気持ちになれるってところ!きみの毎日が変わってくるよ。いや、もしかしたらきみの世界が変わってくる。




きみを信じているよ。


Dr.アンディ