詩編 55
新共同訳

詩編 55

55
1【指揮者によって。伴奏付き。マスキール。ダビデの詩。】
2神よ、わたしの祈りに耳を向けてください。
嘆き求めるわたしから隠れないでください。
3わたしに耳を傾け、答えてください。
わたしは悩みの中にあってうろたえています。
わたしは不安です。
4敵が声をあげ、神に逆らう者が迫ります。
彼らはわたしに災いをふりかからせようとし
憤って襲いかかります。
5胸の中で心はもだえ
わたしは死の恐怖に襲われています。
6恐れとわななきが湧き起こり
戦慄がわたしを覆い
7わたしは言います。
「鳩の翼がわたしにあれば
飛び去って、宿を求め
8はるかに遠く逃れて
荒れ野で夜を過ごすことができるのに。〔セラ
9烈しい風と嵐を避け
急いで身を隠すことができるのに。」
10主よ、彼らを絶やしてください。
彼らの舌は分裂を引き起こしています。
わたしには確かに見えます
都に不法と争いのあることが。
11それらは昼も夜も、都の城壁の上を巡り
町中には災いと労苦が
12町中には滅びがあります。
広場からは搾取と詐欺が去りません。
13わたしを嘲る者が敵であれば
それに耐えもしよう。
わたしを憎む者が尊大にふるまうのであれば
彼を避けて隠れもしよう。
14だが、それはお前なのだ。
わたしと同じ人間、わたしの友、知り合った仲。
15楽しく、親しく交わり
神殿の群衆の中を共に行き来したものだった。
16死に襲われるがよい
生きながら陰府に下ればよい
住まいに、胸に、悪を蓄えている者は。
17わたしは神を呼ぶ。
主はわたしを救ってくださる。
18夕べも朝も、そして昼も、わたしは悩んで呻く。
神はわたしの声を聞いてくださる。
19闘いを挑む多くの者のただ中から
わたしの魂を贖い出し、平和に守ってくださる。
20神はわたしの声を聞き、彼らを低くされる。
神はいにしえからいまし〔セラ
変わることはない。
その神を畏れることなく
21彼らは自分の仲間に手を下し、契約を汚す。
22口は脂肪よりも滑らかに語るが
心には闘いの思いを抱き
言葉は香油よりも優しいが、抜き身の剣に等しい。
23あなたの重荷を主にゆだねよ
主はあなたを支えてくださる。
主は従う者を支え
とこしえに動揺しないように計らってくださる。
24神よ、あなた御自身で
滅びの穴に追い落としてください
欺く者、流血の罪を犯す者を。
彼らが人生の半ばにも達しませんように。
わたしはあなたに依り頼みます。

© Executive Committee of the Common Bible Translation 共同訳聖書実行委員会 1987,1988

© Japan Bible Society 日本聖書協会 1987, 1988

Seisho Shinkyoudoyaku 聖書 新共同訳について知る