コリントの信徒への手紙一 14
新共同訳

コリントの信徒への手紙一 14

14
異言と預言
1愛を追い求めなさい。霊的な賜物、特に預言するための賜物を熱心に求めなさい。 2異言を語る者は、人に向かってではなく、神に向かって語っています。それはだれにも分かりません。彼は霊によって神秘を語っているのです。 3しかし、預言する者は、人に向かって語っているので、人を造り上げ、励まし、慰めます。 4異言を語る者が自分を造り上げるのに対して、預言する者は教会を造り上げます。 5あなたがた皆が異言を語れるにこしたことはないと思いますが、それ以上に、預言できればと思います。異言を語る者がそれを解釈するのでなければ、教会を造り上げるためには、預言する者の方がまさっています。
6だから兄弟たち、わたしがあなたがたのところに行って異言を語ったとしても、啓示か知識か預言か教えかによって語らなければ、あなたがたに何の役に立つでしょう。 7笛であれ竪琴であれ、命のない楽器も、もしその音に変化がなければ、何を吹き、何を弾いているのか、どうして分かるでしょう。 8ラッパがはっきりした音を出さなければ、だれが戦いの準備をしますか。 9同じように、あなたがたも異言で語って、明確な言葉を口にしなければ、何を話しているか、どうして分かってもらえましょう。空に向かって語ることになるからです。 10世にはいろいろな種類の言葉があり、どれ一つ意味を持たないものはありません。 11だから、もしその言葉の意味が分からないとなれば、話し手にとってわたしは外国人であり、わたしにとってその話し手も外国人であることになります。 12あなたがたの場合も同じで、霊的な賜物を熱心に求めているのですから、教会を造り上げるために、それをますます豊かに受けるように求めなさい。 13だから、異言を語る者は、それを解釈できるように祈りなさい。 14わたしが異言で祈る場合、それはわたしの霊が祈っているのですが、理性は実を結びません。 15では、どうしたらよいのでしょうか。霊で祈り、理性でも祈ることにしましょう。霊で賛美し、理性でも賛美することにしましょう。 16さもなければ、仮にあなたが霊で賛美の祈りを唱えても、教会に来て間もない人は、どうしてあなたの感謝に「アーメン」と言えるでしょうか。あなたが何を言っているのか、彼には分からないからです。 17あなたが感謝するのは結構ですが、そのことで他の人が造り上げられるわけではありません。 18わたしは、あなたがたのだれよりも多くの異言を語れることを、神に感謝します。 19しかし、わたしは他の人たちをも教えるために、教会では異言で一万の言葉を語るより、理性によって五つの言葉を語る方をとります。
20兄弟たち、物の判断については子供となってはいけません。悪事については幼子となり、物の判断については大人になってください。 21律法にこう書いてあります。
「『異国の言葉を語る人々によって、
異国の人々の唇で
わたしはこの民に語るが、
それでも、彼らはわたしに耳を傾けないだろう』
と主は言われる。」 22このように、異言は、信じる者のためではなく、信じていない者のためのしるしですが、預言は、信じていない者のためではなく、信じる者のためのしるしです。 23教会全体が一緒に集まり、皆が異言を語っているところへ、教会に来て間もない人か信者でない人が入って来たら、あなたがたのことを気が変だとは言わないでしょうか。 24反対に、皆が預言しているところへ、信者でない人か、教会に来て間もない人が入って来たら、彼は皆から非を悟らされ、皆から罪を指摘され、 25心の内に隠していたことが明るみに出され、結局、ひれ伏して神を礼拝し、「まことに、神はあなたがたの内におられます」と皆の前で言い表すことになるでしょう。
集会の秩序
26兄弟たち、それではどうすればよいだろうか。あなたがたは集まったとき、それぞれ詩編の歌をうたい、教え、啓示を語り、異言を語り、それを解釈するのですが、すべてはあなたがたを造り上げるためにすべきです。 27異言を語る者がいれば、二人かせいぜい三人が順番に語り、一人に解釈させなさい。 28解釈する者がいなければ、教会では黙っていて、自分自身と神に対して語りなさい。 29預言する者の場合は、二人か三人が語り、他の者たちはそれを検討しなさい。 30座っている他の人に啓示が与えられたら、先に語りだしていた者は黙りなさい。 31皆が共に学び、皆が共に励まされるように、一人一人が皆、預言できるようにしなさい。 32預言者に働きかける霊は、預言者の意に服するはずです。 33神は無秩序の神ではなく、平和の神だからです。
聖なる者たちのすべての教会でそうであるように、 34婦人たちは、教会では黙っていなさい。婦人たちには語ることが許されていません。律法も言っているように、婦人たちは従う者でありなさい。 35何か知りたいことがあったら、家で自分の夫に聞きなさい。婦人にとって教会の中で発言するのは、恥ずべきことです。 36それとも、神の言葉はあなたがたから出て来たのでしょうか。あるいは、あなたがたにだけ来たのでしょうか。
37自分は預言する者であるとか、霊の人であると思っている者がいれば、わたしがここに書いてきたことは主の命令であると認めなさい。 38それを認めない者は、その人もまた認められないでしょう。 39わたしの兄弟たち、こういうわけですから、預言することを熱心に求めなさい。そして、異言を語ることを禁じてはなりません。 40しかし、すべてを適切に、秩序正しく行いなさい。

© Executive Committee of the Common Bible Translation 共同訳聖書実行委員会 1987,1988

© Japan Bible Society 日本聖書協会 1987, 1988

Seisho Shinkyoudoyaku 聖書 新共同訳について知る