マタイ筆・福音書 1
AB

マタイ筆・福音書 1

1
救世主キリストの家系図
(ルカ 3:23b-38)
1イエス・救世主キリストの家系図からつづろう。
信仰の父アブラハムを祖先とする、ダビデ大王の家系から誕生した。
2アブラハム
イサク
ヤコブ
ユダとその他の兄弟
3パレスとザラ、彼らの母はタマル
エスロン
アラム
4アミナダブ
ナアソン
ラハブの夫サルモン
5ルツの夫ボアズ
オベデ
エッサイ
6ダビデ大王、妻は元ウリヤの妻
ソロモン
7レハブアム
アビヤ
アサ
8ヨサパテ
ヨラム
ウジヤ
9ヨタム
アハズ
ヒゼキヤ
10マナセ
アモン
ヨシヤ
11エホヤキン、別名エコニアとその兄弟
古代都市バビロンに捕虜とされた時代に生まれた―― 【聖書:1歴代志3:15-16、実際にはヨシヤの孫だが、当時は祖父も父と呼ばれた】
12サラテル
エホヤキンが古代都市バビロンに移った後に生まれた―― 【聖書:1歴代史3:19、エズラ書3:2、ハガイ書1:1より引用】
ゾロバベル
13アビウデ
エリヤキム
アゾル
14サドク
アキム
エリウデ
15エレアザル
マタン
ヤコブ
16マリヤの夫ヨセフ
イエス・救世主キリスト
17信仰の父アブラハムからダビデ大王までが14代、ダビデ大王から古代都市バビロンへの移住までが14代、古代都市バビロンへの移住から救世主キリストの誕生まで14代であった。
イエスの誕生
(ルカ 2:1-7)
18これはイエス・救世主キリスト誕生のお話である――
彼の母マリヤにはヨセフという許婚いいなずけがいた。
ある日、ヨセフはとんでもないことを知った――
マリヤが身ごもったというのだ!―― 【ヨセフは、マリヤと性的関係を持ったことがなかったため、浮気ととらえた】
しかし、浮気ではなく、神の霊ホーリースピリットの力によってマリヤは身ごもっていた。
19そんなことは知るよしもないヨセフ。普通ならおおやけにこれを責め立てるところだが、根っからの善人だったヨセフは、彼女に一生の恥を負ってほしくないが故に、内密に婚約破棄を進めることにした―― 【掟で結婚前のセックスは姦淫罪かんいんざいとみなされるだけでなく、一家の一生の恥になるほど重いものだったのだ】
20そんなことを考えながら、ウトウトするヨセフ・・・zzZ
「――ダビデの子、ヨセフよ。恐れずにマリヤをめとるんだ。安心して。彼女は神の霊ホーリースピリットによって身ごもった。 21男の子が生まれるから、イエスと名付けるんだ。彼は人類を過ちから救い出す!!!――」
夢に現れたのは、天使であった!
22これらすべては、主君が預言者を通して伝えたことばが成就じょうじゅするためだった――
23「処女が身ごもり、男児を生む。
人はその子を神が共にいるインマヌエルと呼ぶ」―― 【聖書:イザヤ書7:14より引用】
24「ハッ!」
眠りから覚めたヨセフは、天使に言われたとおりにマリヤと結婚した。 25しかし、結婚後もお腹の子が生まれるまで、マリヤとセックスはしなかった。
そして、生まれた子を――イエス――と名付けた。

© 2017 Bible League International


Learn more about ALIVEバイブル: 新約聖書