38
三八
1  この事件の少し前でしたが、ヒゼキヤは死病に取りつかれました。 そこへアモツの子である預言者イザヤが来て、神様のお告げを伝えました。
「おまえはもう長くない。 身の回りを整理しておけ。 治る見込みはない。」
2なんということでしょう。 ヒゼキヤはくるりと壁のほうを向き、必死に祈りました。
3「ああ神様、お忘れになったのですか。 あんなに真実を尽くし、いつもお言いつけに従おうと努力してきましたのに。」 王は肩をふるわせ、大声で泣きました。
4これを見て、神様はイザヤに告げました。
5「さあ、ヒゼキヤに言ってやりなさい。 おまえの先祖ダビデの神である主は、確かに祈りを聞いた。 おまえの涙を見て、あと十五年いのちを延ばすことにした。  6おまえとこの都をアッシリヤ王の手から救い出そう。 心配はいらない。 まちがいなく守ってやる。  7-8その保証として、アハズの日時計の目盛りを十度だけあとに戻す。」
そのとおり、日の影は十度もあと戻りしました。
9ヒゼキヤは元気になると、この経験を詩にまとめました。
10「まだ働き盛りだというのに、いっさいをあきらめなければならないのか。 これからの歳月は奪い取られ、よみの門に入ろうとしている。  11もう二度と、生きている人の国で神様を見ないだろう。この世で友人の顔を見ることもない。  12私のいのちは、羊飼いのテントのように風で吹き飛ばされ、機を織る人が中途で手を止めるように中断された。 私のいのちは、たった一日で消えていく。
13私は夜通しうめいた。 まるでライオンに引き裂かれるような苦しみだ。  14私は錯乱状態になり、雀のようにさえずり、鳩のようにうめいた。 助けを求めて上を見続けていたので、目はすっかりかすんでしまった。 私は叫んだ。 『神様、助けてください。 苦しくてたまりません。』  15しかし、ほんとうはこんなことを言えた義理ではない。 私を病気にしたのは神様なのだから。 苦しさのあまり眠ることもできない。  16神様、あなたの懲らしめはためになり、いのちと健康に通じます。 どうか病気を治し、私を生かしてください。
17今やっとわかりました。 こんな苦しい経験も、みな私のためだったのです。 それというのも、神様が愛をもって私を死から救い出し、いっさいの罪を赦してくださったからです。  18死人は神様を賛美できません。 死んでしまえば希望も何もありません。  19生きていてこそ、きょうの私のように、神様を賛美できるのです。 神様の真実は父から子へと代々語り継がれます。  20ああ、神様は病気を治してくださった。 これからは毎日、いのちある限り、神殿で楽器の伴奏つきで賛美しよう。」
21イザヤは王の召使に、「いちじくで塗り薬をつくり、はれものに塗りなさい。 そうすれば、陛下は元どおり元気になられます」と言いました。
22するとヒゼキヤは、「病気がきっと治る保証として、神様はどんなしるしをお与えになりますか」と尋ねました。
Loading reference in secondary version...

Japanese Living Bible
Copyright © 1978, 2011 by Biblica, Inc.®
Used by permission. All rights reserved worldwide.