1
1-2まだ何もない時、キリストは神と共におられました。 キリストは、いつの時代にも生きておられます。 キリストは神なのです。  3このキリストが、すべてのものをお造りになりました。 そうでないものは一つもありません。  4キリストには永遠のいのちがあります。 全人類に光を与えるいのちです。  5そのいのちは、暗やみの中でさんぜんと輝き、どんな暗やみも、この光を消すことはできません。
6-7イエス・キリストこそほんとうの光です。 このことを証言させるために、神はバプテスマのヨハネをお遣わしになりました。  8ヨハネ自身は光ではなく、ただその光を指し示す証人にすぎません。  9後に、ほんとうの光である方が来て、全世界の人々を照らしてくださったのです。
10  ところが、世界を造った方が来られたというのに、だれもこの方に気づきませんでした。  11-12自分の国にいながら、自分の民のユダヤ人にさえ、受け入れてはもらえなかったのです。 この方を心から喜び迎えたのは、ほんのわずかな人にすぎません。 しかし、受け入れた人はみな、この方から、神の子供となる特権をいただきました。 それにはただ、この方が救ってくださると信じればよかったのです。  13信じる人はだれでも、新しく生まれ変わります。 神が、そう望まれたのです。 人間の熱意や計画は全く関係ありません。
14  キリストは人間となり、この地上で私たちと共に生活なさいました。 彼は恵みと真実の方でした。 私たちはこの方の栄光を目のあたりにしました。 それは天の父のひとり子としての栄光でした。
15  ヨハネは人々にキリストを紹介しました。 「私が今まで、『まもなく来られる方は、私よりはるかに偉大な方だ。 私が生まれるずっと前からおられたからだ』と口をすっぱくして言ってきたのは、まさにこの方のことなのだ。」  16この方の恵みは尽きるところを知りません。 私たちはみな、次から次へと、あふれるばかりに恵みをいただきました。  17モーセはきびしい命令と、情け容赦もない法律とを与えただけでしたが、イエス・キリストはその上に、愛に満ちた赦しの道を備えてくださったからです。  18いまだかつて、実際に神を見た人はいません。 しかしもちろん、神のひとり子だけは別です。 御子は、父なる神といつもいっしょですから、神について知っていることは、何でも教えてくださったのです。
ヨハネの証言
19  ユダヤ人の指導者たちは、エルサレムから、祭司とその助手たちとをヨハネのもとへ派遣し、「おまえはキリストか」と問いたださせました。
20  ヨハネは、「とんでもない」と、きっぱり否定しました。
21  「そうか。 では、いったい何者だ。 エリヤか。」
「いや、違う。」
「すると、あの預言者か。」
「いや。」
22  「では、いったい何者か。 はっきりしてくれ。 私たちは帰って報告しなければならないのだ。 ええっ、おまえは何者なのだ。」
23  「私は、イザヤが預言した、あの、荒野から聞こえる叫び声にすぎない。 『主を迎える準備をせよ』と叫ぶ声、あれが私だ。」
24-25パリサイ人(特におきてを守ることに熱心なユダヤ教の一派)から派遣された人たちは、なおも問い詰めました。 「キリストでも、エリヤでも、あの預言者でもないのなら、いったいどんな資格でバプテスマ(洗礼)を授けているのか。」
26  ヨハネは答えました。 「私はただ、水でバプテスマを授けているだけだ。 しかし、ここにいる人々の中には、あなたがたのまだ知らない方がおられる。  27まもなく、あなたがたの間で働きを始められるだろう。 私には、その方のしもべとなる資格もないのだ。」
28  この出来事は、ヨハネがバプテスマを授けていたヨルダン川の東岸にある、ベタニヤ村で起こりました。
29  翌日のことです。 ヨハネは、イエスが来られるのを見て、言いました。 「ご覧なさい! この方こそ、世の人々の罪を取り除く神の小羊だ。  30ああ、『まもなく、私よりはるかに偉大な方がおいでになる。 私よりずっと前からおられる方だ』と常々話していたのは、この方のことだったのだ。  31今までは、この方だとわからなかった。 だが、私がここで水のバプテスマを授けているのは、まさにこの方を、イスラエルの人々に紹介するためだったのだ。」
32  ヨハネはさらに続けました。 「確かに、聖霊様が鳩のように天から下り、この方の上にとどまられるのを見た。
33  初めは私も、この方がその方だとはわからなかった。 だが、バプテスマを授けさせるために私を遣わす時、神様はこう言われたのだ。『もし、聖霊がだれかに下り、その上にとどまるのを見たら、その方こそ、あなたの捜し求める方、聖霊のバプテスマをお授けになる方だ。』  34そのとおりのことが、この方に起こった。 しかと、この目で見たのだ。 この方は神の子にまちがいない。」
イエス、弟子を集める
35  その翌日、ヨハネは二人の弟子といっしょに立っていました。  36目を上げると、イエスが歩いておられるではありませんか。 その姿を食い入るように見つめながら、ヨハネは、「ご覧なさい。 神の小羊だっ!」と言いました。
37  これを聞いた弟子は二人とも、急いでイエスのあとを追いかけました。
38  その足音にイエスはふり向かれ、二人を見てお尋ねになりました。「おや、何かご用でしょうか?」
「失礼ですが、先生。 どちらにお住まいで?」
39  「いっしょに来なさい。 すぐにわかりますよ。」こう言われて二人は、イエスの泊まっておられる所までついて行きました。 だいたい午後四時ごろだったでしょうか。 その日は、それからずっと、イエスといっしょにいました。  40二人のうち一人は、シモン・ペテロの兄弟アンデレでした。
41  それから、アンデレはシモンを捜し出し、「とうとうメシヤ〔訳すとキリスト〕様にお会いしたよ」と言いました。  42そして、彼をイエスのところへ引っ張って行きました。
 イエスはシモンをじっと見つめられ、「あなたはヨハネの子シモンですね。 だがこれからは、ペテロ、つまり『岩』と呼ばせてもらいますよ」と言われました。
43  その翌日、イエスは、ガリラヤへ出発なさいました。 途中、ピリポを見つけ、「さあ、ついて来なさい」と言われました。  44ピリポは、アンデレやペテロと同郷で、ベツサイダの出身だったのです。
45  ピリポはナタナエルを捜しに行き、会うなり言いました。
「メシヤ(救い主)様にお会いしたぞ。 モーセや預言者たちが言ったあのお方だよ。 ナザレ出身のイエスという方なんだ。 ヨセフという人の息子さんだそうだ。」
46  「ナザレだって!」ナタナエルはびっくりしました。 「あんな所から、すぐれた人物なんか出っこないぜ。」
 しかしピリポは、「まあまあ、とにかく来てみろよ。 自分の目で確かめたらいいだろう」と言いはります。
47  ナタナエルも行ってみる気になりました。 イエスは、歩いて来るナタナエルの姿に目をとめておっしゃいました。
「根っからの正直者がやって来ます。 この人こそ生粋のイスラエル人です。」
48  「どうして、おわかりなのですか。」ナタナエルは聞き返しました。
「見ましたよ。 ピリポがあなたに会う前に、いちじくの木の下にいたのを。」
49  「先生。 あなた様は神の子、イスラエルの王です!」
50  「そう信じるのは、あなたがいちじくの木の下にいるのを見たと、わたしが言ったからですか。 だが、それよりはるかにすばらしい証拠があります。  51天が開けて、神の使いたちがメシヤのわたしをとおって行き来するのを、やがて、あなたがたは見るのです。」イエス、水をぶどう酒に変える
Loading reference in secondary version...

Japanese Living Bible
Copyright © 1978, 2011 by Biblica, Inc.®
Used by permission. All rights reserved worldwide.